永久脱毛の副作用とは?

永久脱毛で考えられる副作用

永久脱毛をお考えでも、副作用がご心配な方もいらっしゃるでしょう。実際、クリニックでの脱毛でも、まったくリスクがないわけではありません。
第一に挙げられるのは、皮膚の赤みです。施術後に炎症を起こすことがあるからです。多くの場合軽い症状であることが多く、数時間から数日で治ります。炎症止めの薬が処方されることもあります。
次に毛膿炎、ニキビのようなものです。稀な症状ですが、白っぽく膿んだニキビに似たものができます。ニキビが出やすい体質の方や、ニキビが出やすい部位の場合には、この症状が出てしまう確率が高くなります。飲み薬や塗り薬での対応が可能です。
最後に火傷です。レーザーが強く反応すると、火傷を起こすことがあります。クリニックがレーザーの強さを正確に設定するなど、リスクを減らすことが大切です。万一火傷が起きたら、薬などで迅速に対処します。
これらは一時的な症状ですが、念のため覚えておきましょう。
静岡で全身の永久脱毛をしたいかたはこちら

永久脱毛にありがちなトラブルとは?

永久脱毛でよく見られるトラブルですが、打ち漏れや出力が高い事による火傷になります。
このようなミスやトラブルをなくすためには事前にテスト照射をして、それぞれの方の肌にあったレーザーの出力にしなければなりません。

万が一クリニックでトラブルが発生しても再照射の保証がありますし、アフターケアをしっかりしてくれますので副作用も少なくなっているのです。
クリニックには医師が常駐していますので、すぐに診察してくれるのも安心です。

永久脱毛後は副作用で汗の量が増える?

永久脱毛をするとワキ汗が大量に発生してしまうといった口コミがありますが、これは勘違いになります。
ワキガ治療のために脱毛をするとワキ汗が発生してしまう副作用があると勘違いしてしまいがちですけど、毛は汗を受け止める役割も担っています。
その毛を脱毛してしまうと当然汗は受け止められず肌をすべっていきますから、その事を脱毛の副作用で汗の量が増えたと勘違いしているだけになりますので汗の量自体は変わりません。

永久脱毛後にしたいアフターケア

永久脱毛をおこなったあとのアフターケアは非常に大切です。
では、具体的にどういったケアが必要なのでしょうか。
まず、永久脱毛後は皮膚が非常に敏感になっている状態なので、日焼けに注意する必要があります。
日焼けは脱毛の大敵です。
ですので、脱毛をおこなってしばらくの間は、日焼け止めをたっぷりと皮膚に使用して肌を守るようにしましょう。
また、施術後は肌が熱を帯びてほてっているので、タオルを巻いた保冷剤などで肌を冷やすようにします。
脱毛当日はお風呂は避けましょう。
基本的に温めることは、赤みやヒリヒリした痛み、炎症などの副作用をひきおこすことがあるので、当然のことながらサウナなどもひかるようにします。
永久脱毛 立川 安い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です